スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--
Relation Entry

影の獄にて

 「影の獄にて」をようやく読み終える事ができた。映画「戦場のメリークリスマス」の原作なのだがつい最近まで絶版だったものを1年前に手に入れる事ができた。現在復刊されて少々お高い値段ではあるが手に入れる事ができる。

 3章からなるお話は1章で映画でいう所のローレンスとハラ軍曹の話、2章はヨノイとセリアズの話、そして3章は映画で描かれていないローレンスの1夜のロマンスのお話。英国人が書いた話なのに日本人の心理に迫っていて、逆に現代に生きる僕にとってこの当時の日本人を考えを知る事ができた。また2章の種をまく人はキリスト教の救いの精神にあふれる話でうまく表現できないが心を打たれた・・・(単なる同性愛の話とも読めない事もないが・・・)

 しかし文学って難しいですね・・・もう少し読解力があればもっと話の核心に迫れるかもしれないのにと思うと残念です。逆に推理小説やエンターテイメント溢れる作品って読者にやさしいですよね・・・

 ギター1本で驚きの表現力!押尾コータローの戦場のメリークリスマス


 それではまた
スポンサーサイト
15
2008
Relation Entry

Comment

Trackback

http://neocot.blog102.fc2.com/tb.php/3-66d9bbe0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。