スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--
Relation Entry

第2回 吉野GF試走

本日はmillionさん主催の第2回吉野GF試走に行ってきました。 本日はSLとイーストコースの前半の山場・・・足の郷及び五番関を走りました。

P6070899.jpg

最近手抜きブログに慣れてしまって・・・感じた事を簡単に・・・

○SL午前中最初の難所である足の郷を走っておいて本当に良かったです。今日の試走はこの一言につきます。 足の郷は勾配がキツい上に山頂が現れそうでなっかなか現れないという峠です。 2年前も去年も走っていますが、喉元過ぎればなんとやらであのキツさを忘れていました。 今日走って覚悟ができました。イーストを走る皆さんも覚悟してください・・・。

祠が見えたら頂上・・・ここまでがしつこいぐらい長い!
P6070895.jpg

うなだれる皆さんと撮影者こんち・・・
P6070896.jpg

ちなみに大会当日はこんなですわ・・・まさに地獄・・・

○なるべく軽いギアを回す事をこころがけました。先週は疲労を抜く目的で高ケイデンスの練習をしたのですが、今日はそれが役にたちました。 割と低ケイデンスで踏むクライマーでもこの練習は有効かもしれません。脚の疲労は回復しにくいが、心肺機能は回復しやすいという仮説をたててこのような走りをしたのですが、まだまだ検討の余地がありそうです。

 とにかく今日は楽しかったです!millionさんが企画してくれなかったら今日も普通に練習して終わっていたと思うので感謝・感謝です!それでは!

追伸:申し訳ないのですが明日以降の練習は週末にまとめてブログにアップしたいと思います。トレーニングの後はしっかり寝ないと効果が無いのでブログをアップする時間を睡眠にあてたいと思います。
スポンサーサイト
07
2009
Relation Entry

Comment

^^

足の郷・・・ははは・・・まさにそんな感じの峠ですね^^
ただ単に辛いだけ。。。上でもなんも見えないしね。。。今月にでも東吉野ツアーやろうかなって思ってます
  • 2009⁄06⁄07(日)
  • 23:03

No title

お疲れ様でした~
いつも企画だけは立派なんですが、なんせ足がないもんで。。(汗)
でも、こんな機会じゃないと、足の郷なんて行かないもんね。。(^^
  • 2009⁄06⁄07(日)
  • 23:19

No title

あのキツイ足の郷で登り返しをするなんてすごい!。まさに若さですねえ。私もあと10歳くらい若返れたらなあと思います。
お疲れさんでした。
  • 2009⁄06⁄07(日)
  • 23:39

ひょえ~

おかえり(^0^)/
吉野GF…足の郷…
走るんですが…(>_<)
えらいこっちゃ~
とりあえず今週末福井GF料理してから(料理されない様に頑張るわっ)吉野対策…
G-ベイブさんに企画してもらうんで一緒に行ってね~
  • 2009⁄06⁄08(月)
  • 06:22

いやあ~

ほんとうにきつかったあ~

本番はあれにさらに高野山、、
でもまずは五番関まで頑張らねばあきませんね。

  • 2009⁄06⁄08(月)
  • 23:12

お返事

>G-ベイブさんへ
足の郷だけでもかなりお腹いっぱいになりますね・・・ちなみに路面はかなり悪いです。下りは気をつけないとグリーチングが一部地面から飛び出ていて非常に危険な状態です。でも試走はしないよりしておいた方がいいでしょうね。

>millionさん
ブログをチェックしたら呼びかけが乗っていたので急遽参加したのですが楽しかったです。色々とお世話になった上アイスコーヒーまで出していただきありがとうございました。
僕も足の郷は一人で行く気にはなりませんね・・・鹿みましたし(笑)

>まっさーさんへ
いえいえ、さすがに五番関は折り返す足がありませんでした。

>Gっさんへ
福井頑張ってきてください、きっと楽しいと思います。
足の郷は登りでヘトヘトになった後に急な下りでブレーキかけっぱなしなのでかなりキツいです。大会当日もここは自転車を押す人が出るところです。一度みんなで登っておいた方がいいでしょうね・・・。

>腰痛オヤヂさんへ
あれで午前中ですからね・・・五番関の特徴がだいたいわかったので、道の駅であまり長居せずとっととトンネルを越えて休憩した方が良いでしょうね。
  • 2009⁄06⁄09(火)
  • 21:26

Trackback

http://neocot.blog102.fc2.com/tb.php/272-8131fe39

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。