Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--
comment
-

日々雑感

本日、島田荘司の「最後の一球」を読了・・・またまた泣きました。

話の内容と感想はリンク先をみていただくとして、プロ野球選手になったものの2年間2軍暮らしでクビになった主人公の台詞は忘れがたいのでここに記録しておく事にします。

二流は二流、どれほど努力をしても、這い上がれない者は這い上がれないのです。

それを、ぼくはもう誰よりもよく知っています。けれど、二流であっても死ぬ必要はないはずです。

 二流に甘んじる体たらく、これを誰よりもよく知る者は当人です。 

叱責されるべきかもしれないが、死刑になる必要はないはずです。

 二流は二流なりに、人知れず努力し、粘り強く生きていければそれでいいと思いました。』

 本格ミステリーの一流作家である作者がこんな文章をかけるなんて、と考えた時に思わず胸が熱くなりました。

 三流の人生を送っている僕ですが、与えられた命を生きようと思います。 一日一日を楽しむ努力をしよう、そして僕よりももっと悲惨な状況にいる人達の為に祈ろうと思います。

 いつか島田荘司先生に会ってみたいな。
スポンサーサイト
27
2009
comment
0

再出発!

前日は弱気なコメントを書いてしまいましたが、王将にて我慢していた餃子とビールをたらふく食べて気分転換してきました。

考えてみれば俺はこんなに練習したんだ!って言えるほど練習していませんし、落車して骨を折っていたら自転車に乗る事から再スタートになっていただろうしそれほど落ち込む事じゃありませんね。

エベレストに登るにも1歩から・・・3歩歩いて2歩下がるです。

G1クライマックスを制した真壁刀義のコメント


夢を持って走らないと・・・
19
2009
comment
4

疲れてます・・・

 寝つきは悪くないのですが、何だか疲れてます。 ここにきて急激に暑くなり、大台の疲れが残っているのか、それとも仕事で疲労しているのかよくわからない状態です。 今週は3本ローラーで回復を優先させたいと思っています。

 昨日はノー練習で映画「デッドゾーン」を鑑賞・・・主人公の運命にちょっとだけ泣けました。 原作も素晴らしいようなので読んでみたいです。
 本日は本屋で「Odds+1」を発見したのでこれも購入して読みました。こいつもなかなか泣けました。

「勝てないかもしれないが・・・常に上を向いて勝つ気でいる事が大事なんだ!神様ってやつは必ず何度かはチャンスをくれる!」

 よく覚えておこう・・・

 そろそろ思いっきり泣ける映画が観たくなってきました。ツタヤで「アポロ13」借りてこようかな・・・
 
 ではまた!
15
2009
comment
3

全然ダメでした・・・

今週は本当にグダグダでした。 前の日記で
わたしは『結果』だけを求めてはいない。『結果』だけを求めていると、人は近道をしたがるものだ

と書きましたが、あの後
近道したとき真実を見失うかもしれない。やる気もしだいに失せていく・・・

と続くのですがまさにこのような心理状態に陥ってしまいました。

六甲でタイムの伸びが確認できなかった僕は大台でも多分それなりの結果しか出ないだろなぁ・・・と何となく思ってしまいました。 こうなるとやる気もなくなってしまい、月曜日はっとりさんと別れた後一人で餃子の王将で飲んでしまいした。 ですので今週は毎日ローラー30分しか乗っていません。一応雑誌の計画では木曜に心拍を上げておく事とあったので木曜は心拍を上げましたが、それくらいです。

ここらでしっかり自分を見つめなおさないといけません。結果も大事ですし、出たらそれはとれも嬉しいです。でも今はまだ結果だす実力はないので結果にこだわる事はないのです。

一番大事なのは挑戦する姿勢なのです・・・今まで勝負ごとの土俵にさえあがらなかった自分を変える事なのです。これが出来なかったらこの先もぐだぐだな人生を送って、棺桶に脚を踏み入れた時に後悔する羽目になるのです。

明日はみんなで大台に行きます。自分がどのくらい走れるのかをしっかり確認して、本番悔いの無い走りをしたいです。 

以上
04
2009
comment
4

過程が大事・・・

G-ベイブさんから指摘がありIEでブログがみられなかったようです・・・でどうやら現在もみられません。XMLがどうやらこうやらとか? ちょっと詳しい方・・・どうしたら良いのか教えてくださいませ。


わたしは「結果」だけを求めてはいない
「結果」だけを求めていると人は近道をしたがるものだ・・・


友人とのメールのやりとりの中で出てきた、「ジョジョの奇妙な冒険」←音が出ます。
第5部の中で出てくる台詞です。

少年ジャンプという激戦地で常に結果を出し続けてなければいけない立場にあった作者、荒木飛呂彦先生がどういう心境でこの台詞を書かれたのかいつか聞いてみたいです。自分の作品を書く上で絶対に譲れないものが作者の中にあったのではないかと思います。

結果は欲しいですけど、あせらず毎日コツコツ練習するしかないですね。

「大切なのは『真実に向かおうとする意志』だと思っている」
「向かおうとする意志さえあれば(中略)いつかはたどり着くだろう?
向かっているわけだからな」


きっと間違いなく前進してる・・・自分を信じろ!
22
2009
comment
0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。